昨晩は中秋の名月、きっと日本中で月を眺めた方がいらっしゃったことでしょう。

 

ゾンタックもお客様と一緒にお団子を食べながら、月が昇るのを待ちました。

 

空が暗くなりはじめても月が見えなくて、最初はお客様とも『雲が厚くて見えないのかなぁ』と少し諦めていましたが、お団子を食べながら空を見ていると、だんだん新館の屋根の上が明るくなり出して、なんと、月をお迎えする感じになりました。

 

皆さんと一緒に、同じ月を見てとても盛り上がりましたが、月を見て楽しむ風習があったからこそ楽しい時間を過ごすことができました。

この風習を創った昔の方の感性に感動しました。

コメント
コメントする